にんにく玉本舗のにんにく玉はココが違う!


健康や美容に欠かせない手軽な栄養補助食品、サプリメント。

その中でもよく知られているのが「にんにく卵黄」系のサプリメント。
にんにく卵黄といえば、よくCMでみかけるアレを思い出しますよね。

今回ご紹介するのは、作り方も素材も形もまったく違っているという
にんにく玉本舗の『にんにく玉』を徹底的に紹介します。
「にんにく卵黄ってどれも同じでしょ?」なんてそんなことはありません。作り方も違えば形も違います。その作り方や形、素材をみていきましょう。

伝統的な昔ながらの製法

厳選されたにんにくと卵黄をじっくりと70度前後の低温温度で
36時間も練り上げていきます。
なぜ36時間も練り上げるのでしょうか?それは、にんにくのニオイの元であり、元気の源「アリシン」という成分を緩和するための成分を生み出すためなんです。
このにんにくのニオイ成分「アリシン」と「卵黄の油分」が70度前後の低温加熱をすることで結びつき、さらに強力な栄養を生成してくれるのです。

そのじっくりと丹精こめて練り上げられたにんにくと卵黄は、つぶ状に加工され、数日かけて一粒一粒を乾燥させていきます。
最後の仕上げに、少し火で炒ります。そして、最終的には人の手によって検品され包装されていきます。

気になるニオイを有用成分として変化させる

にんにく、タマゴそれぞれ違う栄養素がとれるのでとても理想的なのですが、やはりにんにくは口臭が気になる人もいますよね。
でも、作業工程の36時間練り上げているところでにおいを他の栄養素にかえてしまっているので、にんにく特有のあの嫌な臭いがなくなるのです。
これなら、朝いそがしい時間に摂取しても大丈夫ですね。

形が違うひみつ

多くのサプリメントは、ソフトカプセルと呼ばれる飲みやすい形状のタイプが多いです。
ですが、このにんにく玉は、にんにくの量がまるで違います。
一粒のソフトカプセルに含まれているにんにくの量は、400mgのうちわずか100mg。それにたいして『にんにく玉』一粒に使用されている200mgのうち200mgも使用されているのです。

つまり、にんにく玉は、まるごとにんにくパワーをたくさんとれるってことですね!普通のサプリメントとは本当にワケが違うんですね。