にんにく玉が持つにんにくのチカラ


ニンニクと言うと「口臭が気になる~」「悪影響がでないか心配…」なんてちょっとマイナスなイメージがありますよね。

しかし、ニンニクはあの悪臭さることながら実は、某大な栄養素が詰まった画期的な野菜なのです。

ニンニクに含まれる「アリシン」ってなに?

アリシンとは、ネギやニンニクなどに含まれるあの悪臭の元となっている
成分のことです。
アリル化合物や硫化アリルとも呼ばれていることもあります。

ビタミンB1と一緒に摂るととても良いとされ、ビタミンB1と結合すると「アリチアミン」という物質に変化され、ビタミンB1の疲労回復効果をより高めてくれるという働きをもつことが分かっています。

主な効果としては、疲労回復効果・風邪の改善や予防に・血栓を予防して分解・血中脂肪を燃焼・ガンを予防する効果・コレステロールを抑えてくれるという私たちの健康を万全にサポートしてくれる良い働きを持った成分なのです。

また、このアリシンは、病原性のあるカビや酵母の生育を防いで消滅させてくれる力もあるのです。

にんにくは他にも栄養がたっぷり

にんにくには、嫌な臭いだけど働き者のアシリンを含む以外に
セレン・鉄・亜鉛などの『ミネラルも』豊富に含み、サルノコシカケなどに含まれている『有機ゲルマニウム』や『ビタミンB群』『アミノ酸』など体が喜ぶ栄養素がたっぷりと詰まっているのも魅力的です。

とくにビタミンB群は、単体の摂取よりも一度に摂取することではじめて効果がでるといわれています。
アミノ酸は、リジン・メチニオン・S-アデノシルメチニオン・アルギニン酸・アスパラギン酸…などなどちょっと意味が分からない栄養素があると思いますが、どれも体に良い栄養素を含んでいることがよくわかります!

これだけにんにくの魅力がわかれば「明日からにんにくとってみようかな・・・」という気になるので本当ににんにくってすごいと思います。
ただし、にんにくはアレルゲンもあるので小さなお子様に摂らせる時は、アレルギー検査を検診することをおすすめします。