やわたの熟成にんにく卵黄の真黒なにんにく


安心の国産!にんにく農家の先生が研究した素材

やわたの熟成にんにく卵黄は素材からこだわっています。
青森県の寒い農地に育った「福地ホワイト六片種」が使用されています。
「福地ホワイト六片種」の特徴は、女性の握りこぶしほどの大きさがあり、身がしまっていて六片に分かれている透き通った白くてにんにくのことです。

この福地ホワイト六片種は、高級なもので、栄養価にすぐれています。ニオイと辛味が強いのですが、調理することでホクホクとして甘いので
高級食材としては優秀なため、市場では高値で取引されているようです。

30日間熟成された炭のような黒にんにく

このやわたの熟成にんにく卵黄は名前の通り、熟成されたにんにくが使用されているのですが、熟成期間がとてつもなく長いのです。

厳しい寒さを乗り越えて育った新鮮な福地ホワイト六片種を
職人が一つずつ30日間もの長い時間をかけて熟成しているのです。

その熟成された真っ白なにんにくが30日間経つとまるで炭のように
真っ黒なにんにくへと姿を変えてしまいます。
黒くなるまで熟成させることでにんにくが持っている栄養価をさらに高くし、ギュっと閉じ込めてくれるのです。
さらに、ニオイも和らぎ、胃にもやさしくなるという変化も持ち合わせています。

そんな真黒にされたにんにくは本当に栄養が減退していないのか?
そう考える人も多いと思います。しかし、熟成前の白にんにくと熟成ごのにんにくでは、アミノ酸の量が1.28倍。タンニンの量は約5倍も増量することがわかったのです。

にんにくって熟成して真黒にするだけでこんなにも違うんですね。