ニンニクに含まれている栄養素


ちょっと臭いにおいが気になるけど、食べると様々な効果を持つにんにく。
私たちの元気の源となる栄養素をたくさん持っているんです。

にんにくの主な栄養素は、
・アリシン
・タンパク質
・食物繊維
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンE
・ビタミンK
・カロテン
・ナイアシン
・ビタミンB6
・葉酸
・マグネシウム
・カルシウム
・カリウム
・ナトリウム

など、かなり豊富な栄養素を含んでいることが分かりますね。
にんにくは球根の部分だけではなく、にんにくの芽も栄養価が大変たかいことで有名です。
球根よりかは、においがやわらぎ、たくさん食べることができます。韓国料理などにも使われています。

特にアリシンの効果は、今美容や健康面からとても注目されていてがん予防や様々な病気の予防につながるといわれています。
美容面では、アリシンはアホエンというものに変化するといわれ、アンチエイジング効果も期待されているのです。

また、スコルジニンという成分も含まれているのですが、これも新陳代謝や疲労回復に効果がある成分だといわれています。

そんな栄養価も高くて万能に近い様々な可能性をもつにんにく。
食べすぎにはやはり注意したほうがいいのです。

にんにくは刺激物の食べ物であるため、食べすぎてしまうと
胃腸に悪影響を及ぼすということがわかっています。

いくら体にいいからって摂りすぎは×ですね。
正しく適量をとってにんにくを健康生活に取り入れてみましょう!