お葬式の時にやるご焼香の種類について


家族や親戚のお葬式を見たことがある人はいると思いますが、お葬式ではご焼香というものを行います。
僧侶がお経をあげているあいだに、焼香台にたち、ご遺族や僧侶に一礼してからご霊前にむかって
ささげる焼香のことです。

【一般的な焼香のしかた】

1.右手の親指、人差し指、中指の三本で抹香を軽く少量つまみます。
2.手を返して目の高さまで持っていきます。だいたい右目の高さぐらいです。
3.左の香炉に手を移動させ指をこすりながら静かに落とします。

実はご焼香にも種類があります。そのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

【立礼焼香】

立礼焼香は椅子席式の式場に多くあるスタイルです。
喪主や親族の焼香が終わった後、参列者が順番に焼香していきます。
手荷物がある場合は、必ず持っていきましょう。

【座礼焼香】

座礼焼香は、畳敷きなど和室などで行われる式場にある焼香です。
座礼も一般的な焼香と同じで立ち上がらずに、移動をするときは腰を落として。
焼香は正座して行います。

【回し焼香】

回し焼香は、名前の通り焼香炉が回ってくるタイプの焼香です。
式場が狭い場合に使われるものです。隣の方からお盆に乗った焼香炉がきますので、
軽く会釈して受け取り、自分の前で置いて立礼焼香と同じことを座ったままします。
椅子席の場合は、自分のヒザのうえに乗せて焼香します。

お葬式が終わった後は上尾市の広大な霊園「東陽の杜霊園」
に霊園を探しに行きたいものです。都内でも大きいので、おすすめですよ。