にんにくコラム」カテゴリーアーカイブ

こんな美容室が欲しい、美容室とインターネットとの融合

720_original

美容室専売品というシャンプーやコンディショナーを当たり前のように美容室で買い求める、という時代はそろそろ終わろうとしています。何故なら、美容室専売品と書いてあっても大手ディスカウントストアでもインターネットでも普通に販売されているからです。

美容室の顧客離れ問題

美容室では定価で販売しなければ利益は出ないどころか赤字になってしまうという卸値ですので価格帯では完全にディスカウントやネットには勝てません。

では、顧客はそれでも美容室で買いたいのか?というと残念ながら9割強の人が価格帯は安く抑えたいと思っています。何故なら、消耗品ですからいいものを安く手にすることが出来るのであればそうしたいと思う、ごくごく単純な人間の心理だからです。

それにも関わらず未だに美容室専売品を営業する美容室が多く存在していることも事実です。これは顧客離れを加速させているという事に、未だ気が付いていないのか、と、知り合いの美容師は言っていました。

美容室の選び方- ヘアケア・ヘアスタイル | 教えて!goo

現代のニーズに美容室が合わせる必要性

本当に顧客を掴んでおきたいと思うのであればこれからの時代は「全てを抱え込む」という発想は捨てて、「ネットなどとの融合」という発想で以って、顧客の髪に合った商品を紹介するだけに留めて販売はネットやディスカウントに任せるというスタンスにシフトチェンジすることこそが必要不可欠、となってきました。

町田駅から徒歩4分のオススメ美容室

男性専用美容室はどうなのか

私のような男性で中年と呼ばれるような年齢では美容室には行きにくいということがずっと在りました。
家族が通っている美容室に行くということもありますが、家族が通っている美容室はそれだけで行きにくいということもあります。
理容室でカラーをずっとしていたのですが、どうも美容室の方が奇麗にできそうです。
そうなると近頃できてきた男性専用美容室に行こうかなと思っています。
ヘッドスパ – Wikipedia

美容室に求めること

 腕が気に入った美容師が居ても、受付やアシスタントの態度が気に食わなかったり、お店全体の接客や雰囲気が良くても肝心の美容師の腕が悪かったりと、なかなか気に入った美容室を見つけることが出来ずにいます。ただただ、確かな腕を持った美容師がいて、接客態度が感じが良くて、お店全体も清潔感があって居心地が良いという美容室を求めているだけなんですが。。

ドリンクサービスが充実しているお店

美容院で髪をきれいにしてもらうのが大好きで
いろんなサロンを訪れてきましたが
カットが上手、お店が清潔、というのは当然ですよね。

私がチェックしているのは
ドリンクサービスが充実しているお店です。

種類が選べるお店が最近は多くていいですね。
ハーブティまで選べたお店があって、感動しました。

入ってくるカップのセンスの良さもチェックしています。
紙コップで出てくるのはちょっと残念です。

http://www.hair-room.net/asagaya/

ニンニクに含まれている栄養素

ちょっと臭いにおいが気になるけど、食べると様々な効果を持つにんにく。
私たちの元気の源となる栄養素をたくさん持っているんです。

にんにくの主な栄養素は、
・アリシン
・タンパク質
・食物繊維
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンE
・ビタミンK
・カロテン
・ナイアシン
・ビタミンB6
・葉酸
・マグネシウム
・カルシウム
・カリウム
・ナトリウム

など、かなり豊富な栄養素を含んでいることが分かりますね。
にんにくは球根の部分だけではなく、にんにくの芽も栄養価が大変たかいことで有名です。
球根よりかは、においがやわらぎ、たくさん食べることができます。韓国料理などにも使われています。

特にアリシンの効果は、今美容や健康面からとても注目されていてがん予防や様々な病気の予防につながるといわれています。
美容面では、アリシンはアホエンというものに変化するといわれ、アンチエイジング効果も期待されているのです。

また、スコルジニンという成分も含まれているのですが、これも新陳代謝や疲労回復に効果がある成分だといわれています。

そんな栄養価も高くて万能に近い様々な可能性をもつにんにく。
食べすぎにはやはり注意したほうがいいのです。

にんにくは刺激物の食べ物であるため、食べすぎてしまうと
胃腸に悪影響を及ぼすということがわかっています。

いくら体にいいからって摂りすぎは×ですね。
正しく適量をとってにんにくを健康生活に取り入れてみましょう!

 

にんにくサプリメントって飲んでも臭いは大丈夫?

ニンニクといえば、あのクサイ臭いが嫌いと言う人もいれば香ばしくて好きだという人もいますよね。
現代人に欠かせない栄養素がにんにくにはたくさん詰まっているということは、とても有名です。

にんにくのニオイ成分は、「アリイン」と「分解酵素アリイナーゼ」という成分が元であのクサイ臭いを作りだしているのだそうです。

にんにくは切ったり、傷つけなければ、にんにく臭というのは実はしません。
切ったり、すりおろすとあの嫌なニオイがするのです。

 

サプリメントは噛まなければ大丈夫

いくらにんにくが体にいいとされていても、あのニオイは耐えがたいでしょう。
そこで、開発されているのがサプリメント。にんにくサプリメントは、にんにくの成分をカプセル状にすることで、あのいやなニオイがしないように加工されています。
つまり、薬のように飲めばあの嫌なニオイは全くしないのです。

しかし、パカっと割ってみるとジワジワとにんにく特有のあのニオイが部屋中に広がってしまうのです。やる人はいるとは思いませんが…。

サプリメントは、にんにくのニオイを閉じ込めて無臭にしてくれる役割があるので、にんにくが苦手な人でも手軽に飲めるということですね。

 

にんにくを毎日食べて若返り!

にんにくでアンチエイジング?

スタミナ食として私たちの日々の健康を応援してくれる食材
「にんにく」。このおなじみの野菜、実は『アンチエイジング効果』があるということをご存知でしたでしょうか?

近年、にんにくには【アホエン】と呼ばれる成分が存在することが分かってきています。この【アホエン】という成分に今注目が集まっているのです。

アホエンとはなにか?

【アホエン】と聞くとなんだかアホになってしまいそうな変わった名前ですよね。でも、アホエンはスゴい力を持っていることが分かってきました。

アホエンというのは、生のにんにくには含まれておらず、
加熱することで、にんにくに含まれている【アリシン】というニンニク特有のクサイ臭いを出している成分が変化した物質のことなんです。

では、そのアホエンというのは私たちの体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。いくつか効能をあげてみます。

●アホエンは無臭でアリシンが元々変化したものなので、基本的な
効能は一緒。
●強い抗菌作用があり、ビタミンB1などの手助けをして疲労回復の手助けをしてくれます。
●記憶力の向上
●血液をサラサラにする
●ボケ防止になる
●ストレスの回復
●動脈硬化の予防

などなど…私たちの体にとても良い効果をもたらしてくれるのです!

アホエンをとってみたい

私たちの体に良い効果をたくさんもたらしてくれるアホエン。
では、どうやってアリシンからアホエンに変化させるのでしょうか?

残念なことに生のにんにくにはアホエンはまだ含まれていません。
「加熱」することでアリシンはアホンへと変身するのです。

しかし、加熱する時に大きな注意点が…。
アホエンは、100度以上になると壊れてしまうそうで…。

代表的で確実にアホエンをとりたいなら、オイルを作ってみましょう。
作り方はとってもカンタン♪

用意するものは、にんにくと植物性オリーブオイル!

1.ニンニクをすりつぶして、50~80度の低温で加熱させます。
するとアリシンがアホエンに変化してくれるのです。

2.ニンニクをこしてアリシンを取り出します。この際、オリーブオイルの中にいれてしまいましょう。なぜオリーブオイルが良いかというと
アホエンはオイルに溶けやすいとされているので、オイルと相性がいいんですね。

できたアホエンオイルは、加熱してしまうとやはり壊れてしまいますので、サラダドレッシングとしてかけてみたり、毎日小さじ1杯を摂取するといいようです。

 

にんにくで身体にたまった疲労回復

古代の人々の助けとなったにんにくのチカラ

にんにくを食べると「スタミナになる!」とか「疲れがとれる!」
そんな効果をよく聞きますよね。でも、『食べた後の口臭が…』が気になる…そういう悪いイメージもありますね。

にんにくは、実は歴史をさかのぼること古代エジプトの時代から食べられているというのをご存知でしょうか?
約4500年前以上の時にあの謎の建築物、ピラミッドを建てる際に
労働者たちに食べさせて疲労回復をさせていたという記録が残っているのです。

日本でも古事記や源氏物語などに登場することから日本でも古くから食べられていたようです。では、にんにくが何故疲労回復にいいのか?
ヒミツを探ってみました。

ビタミンB1のチカラ

ビタミンB1は、現代人の必須栄養素としては欠かせないビタミンB群のひとつです。
このビタミンB1は、豚肉などにも含まれるので「豚肉をとると疲れがとれる」というのはこれから由来しているようです。

ところで、実は言うとビタミンB1は単体で摂取してもあまり吸収されにくいため、本来の力が発揮できないそうなんです。
そこでにんにくに含まれている【アリシン】という成分。
この成分がビタミンB1といっしょになるとパワーアップするんです。
【アリシン】とは、にんにくのニオイの元となっている成分で、すりおろしたり、刻んだりするとこの【アリシン】はたくさん出てくるといわれています。

にんにくは生食は少し危険なのですが、薄くスライスしたりしてビタミンB1の代表格である豚肉と一緒に料理するととっても効果的なんだそうです♪