月別アーカイブ: 2013年2月

ニンニクに含まれている栄養素

ちょっと臭いにおいが気になるけど、食べると様々な効果を持つにんにく。
私たちの元気の源となる栄養素をたくさん持っているんです。

にんにくの主な栄養素は、
・アリシン
・タンパク質
・食物繊維
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンE
・ビタミンK
・カロテン
・ナイアシン
・ビタミンB6
・葉酸
・マグネシウム
・カルシウム
・カリウム
・ナトリウム

など、かなり豊富な栄養素を含んでいることが分かりますね。
にんにくは球根の部分だけではなく、にんにくの芽も栄養価が大変たかいことで有名です。
球根よりかは、においがやわらぎ、たくさん食べることができます。韓国料理などにも使われています。

特にアリシンの効果は、今美容や健康面からとても注目されていてがん予防や様々な病気の予防につながるといわれています。
美容面では、アリシンはアホエンというものに変化するといわれ、アンチエイジング効果も期待されているのです。

また、スコルジニンという成分も含まれているのですが、これも新陳代謝や疲労回復に効果がある成分だといわれています。

そんな栄養価も高くて万能に近い様々な可能性をもつにんにく。
食べすぎにはやはり注意したほうがいいのです。

にんにくは刺激物の食べ物であるため、食べすぎてしまうと
胃腸に悪影響を及ぼすということがわかっています。

いくら体にいいからって摂りすぎは×ですね。
正しく適量をとってにんにくを健康生活に取り入れてみましょう!

 

にんにくサプリメントって飲んでも臭いは大丈夫?

ニンニクといえば、あのクサイ臭いが嫌いと言う人もいれば香ばしくて好きだという人もいますよね。
現代人に欠かせない栄養素がにんにくにはたくさん詰まっているということは、とても有名です。

にんにくのニオイ成分は、「アリイン」と「分解酵素アリイナーゼ」という成分が元であのクサイ臭いを作りだしているのだそうです。

にんにくは切ったり、傷つけなければ、にんにく臭というのは実はしません。
切ったり、すりおろすとあの嫌なニオイがするのです。

 

サプリメントは噛まなければ大丈夫

いくらにんにくが体にいいとされていても、あのニオイは耐えがたいでしょう。
そこで、開発されているのがサプリメント。にんにくサプリメントは、にんにくの成分をカプセル状にすることで、あのいやなニオイがしないように加工されています。
つまり、薬のように飲めばあの嫌なニオイは全くしないのです。

しかし、パカっと割ってみるとジワジワとにんにく特有のあのニオイが部屋中に広がってしまうのです。やる人はいるとは思いませんが…。

サプリメントは、にんにくのニオイを閉じ込めて無臭にしてくれる役割があるので、にんにくが苦手な人でも手軽に飲めるということですね。

 

にんにくを毎日食べて若返り!

にんにくでアンチエイジング?

スタミナ食として私たちの日々の健康を応援してくれる食材
「にんにく」。このおなじみの野菜、実は『アンチエイジング効果』があるということをご存知でしたでしょうか?

近年、にんにくには【アホエン】と呼ばれる成分が存在することが分かってきています。この【アホエン】という成分に今注目が集まっているのです。

アホエンとはなにか?

【アホエン】と聞くとなんだかアホになってしまいそうな変わった名前ですよね。でも、アホエンはスゴい力を持っていることが分かってきました。

アホエンというのは、生のにんにくには含まれておらず、
加熱することで、にんにくに含まれている【アリシン】というニンニク特有のクサイ臭いを出している成分が変化した物質のことなんです。

では、そのアホエンというのは私たちの体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。いくつか効能をあげてみます。

●アホエンは無臭でアリシンが元々変化したものなので、基本的な
効能は一緒。
●強い抗菌作用があり、ビタミンB1などの手助けをして疲労回復の手助けをしてくれます。
●記憶力の向上
●血液をサラサラにする
●ボケ防止になる
●ストレスの回復
●動脈硬化の予防

などなど…私たちの体にとても良い効果をもたらしてくれるのです!

アホエンをとってみたい

私たちの体に良い効果をたくさんもたらしてくれるアホエン。
では、どうやってアリシンからアホエンに変化させるのでしょうか?

残念なことに生のにんにくにはアホエンはまだ含まれていません。
「加熱」することでアリシンはアホンへと変身するのです。

しかし、加熱する時に大きな注意点が…。
アホエンは、100度以上になると壊れてしまうそうで…。

代表的で確実にアホエンをとりたいなら、オイルを作ってみましょう。
作り方はとってもカンタン♪

用意するものは、にんにくと植物性オリーブオイル!

1.ニンニクをすりつぶして、50~80度の低温で加熱させます。
するとアリシンがアホエンに変化してくれるのです。

2.ニンニクをこしてアリシンを取り出します。この際、オリーブオイルの中にいれてしまいましょう。なぜオリーブオイルが良いかというと
アホエンはオイルに溶けやすいとされているので、オイルと相性がいいんですね。

できたアホエンオイルは、加熱してしまうとやはり壊れてしまいますので、サラダドレッシングとしてかけてみたり、毎日小さじ1杯を摂取するといいようです。

 

にんにくで身体にたまった疲労回復

古代の人々の助けとなったにんにくのチカラ

にんにくを食べると「スタミナになる!」とか「疲れがとれる!」
そんな効果をよく聞きますよね。でも、『食べた後の口臭が…』が気になる…そういう悪いイメージもありますね。

にんにくは、実は歴史をさかのぼること古代エジプトの時代から食べられているというのをご存知でしょうか?
約4500年前以上の時にあの謎の建築物、ピラミッドを建てる際に
労働者たちに食べさせて疲労回復をさせていたという記録が残っているのです。

日本でも古事記や源氏物語などに登場することから日本でも古くから食べられていたようです。では、にんにくが何故疲労回復にいいのか?
ヒミツを探ってみました。

ビタミンB1のチカラ

ビタミンB1は、現代人の必須栄養素としては欠かせないビタミンB群のひとつです。
このビタミンB1は、豚肉などにも含まれるので「豚肉をとると疲れがとれる」というのはこれから由来しているようです。

ところで、実は言うとビタミンB1は単体で摂取してもあまり吸収されにくいため、本来の力が発揮できないそうなんです。
そこでにんにくに含まれている【アリシン】という成分。
この成分がビタミンB1といっしょになるとパワーアップするんです。
【アリシン】とは、にんにくのニオイの元となっている成分で、すりおろしたり、刻んだりするとこの【アリシン】はたくさん出てくるといわれています。

にんにくは生食は少し危険なのですが、薄くスライスしたりしてビタミンB1の代表格である豚肉と一緒に料理するととっても効果的なんだそうです♪

 

やずやの雪待にんにく卵黄は鉄分もたっぷり

今や鉄分不足が問題視されている現代人の食生活…。鉄分ってどんな食材に入っていて。
どんな効果があるのか分からない人もきっと多いと思います。

それでは、『深刻な鉄分不足』とよばれるほど重要な「鉄分」。
私たちの体にどんな働きがあるのか?まとめてみました。

鉄分の役割と働き

鉄分とは、鉄にふくまれる成分のことです。別名【血のミネラル】とも
呼ばれ、血液中の酸素をうまく運んでくれる役割をしてくれるのです。

しかし、血液の流れや足りなくなってしまうと【貧血】【めまい】
【動悸】など様々な病気を起こしてしまう可能性があるのです。

鉄分を多く含む食材

では、食品だとどんなものが摂取しやすいのでしょう?
代表的な例ですと「レバー」「ホウレンソウ」などが多く含んでいることが分かっています。
他にも、ヒジキ・ノリ・ゴマ・パセリ・シジミなどに含まれているそうです。

鉄分は摂りすぎると危ない?!

また、鉄分は体に良いというのは分かりますが過剰摂取してしまうと
最悪の場合は、「鉄中毒」と呼ばれる病気を引き起こして心臓や肝臓などに損傷を与えてしまい、死に至ることもあります。
適量は、成人男性で7.2mg。女性は10.5mgぐらいを摂取することが望ましいと考えられています。

女性の場合は、月経など血を排出することが多いので貧血になりやすいことが分かっています。なので、男性より多めにとっておく必要があるんですね。

手軽に摂取できるサプリメント

そんな鉄分が不足しがちな現代人に手軽にとれると話題なのが
やずやの雪待ちにんにく卵黄は『プレミアムゴールド』というものです。
雪待ちにんにく卵黄に鉄分をプラスしてあるので、さらにパワーアップしたサプリメントとなっているようです。

一日たったの1回で2粒飲むだけのカンタン健康習慣。
こどもの成長や、更年期の気になる中高年の方から老後を健康に過ごしたいご年配の方まで誰でも健康管理に役立てることができてしまうんですね!

 

やずやの雪待にんにく卵黄は素材にこだわりがある!

雪の下で春を待つ栄養を貯めこんだにんにく

やずやの雪待にんにく卵黄は、名前の通り雪の下で耐えて春を待っているから「雪待ち」と名付けられたそうです。
このにんにく卵黄に使用されているにんにくは、にんにく生産が有名な
真っ白な雪が積もる青森県産の「福地ホワイト六片」が使用されています。

このにんにくは、その名の通り真っ白くて身が六片に分かれているのが特徴の青森を代表するブランドのにんにくなんです。
このにんにくは生命力も強く、寒い雪の下でも一生懸命成長をして
春には栄養をたっぷりと貯えた状態でその姿を現します。

やっぱりどの野菜も土が命ですよね。良いにんにくを作るには土にも相当こだわっているようです。
「黒墨」と呼ばれる独自の土壌に牛糞やワラ・米ぬかなどの有機物質で作られた肥料を混ぜ合わせたものを使用しているんだそうです。
この手間ひまがにんにくの栄養価をもっと高くしているようです。

指でつまめるほどの新鮮な有精卵

「にんにく卵黄」の材料に欠かせないのが新鮮な卵。
この卵は、にんにくと同じ青森県の壮大な大地で平飼いされてきた鶏が産んだ卵なんです。
もちろん、エサにもこだわっていて、コーン・海藻・ヨモギ・玄米などの栄養たっぷりな食材を配合したものをあたえているのだそうです。

こうして健康にのびのびと育った鶏が産み落とした卵の
卵黄は色のツヤもよくプリっとしていて弾力があるため、
指でつまめてしまうほどの新鮮さなんです。

なんだかそんなスゴい卵があるならちょっと卵かけご飯とかに使って食べてみたいですよね(笑)

やずやの雪待にんにく卵黄のひみつ

CMなどでおなじみの『やずやの雪待にんにく卵黄』きっとテレビを見ている人なら一度はみたことのあるサプリメントの代表格なのではないでしょうか。
そこで、 やずやの雪待にんにく卵黄の何がいいのか?どこに魅力があるのかを色々と調べてみました。

にんにく卵黄という伝統食品

様々な会社から販売されている『にんにく卵黄』というサプリメント。
実はこれ、元々は食品だということをご存知でしたでしょうか。

にんにく卵黄とは、名前の通り「にんにく」と「卵黄」を合わせたもので、九州南部を中心に古くから親しまれてきた伝統的な食品なのです。

作り方は、フレーク状にしたりともちろん作ることは可能なのですが…
食べたら2,3日はにんにくのニオイがとれない~なんてこともあり
そこが毎日食品としてとるのが難しいところです。

ニオイとはおさらばできるサプリメント化

にんにく卵黄はとても栄養価も高く効能がスゴいと注目をあつめていることがわかっています。
しかし、やはりあのクサイニンニク臭を毎日漂わせているわけにはいきませんよね!

そんな悩みを解決するために生まれたのが、にんにく卵黄をギュっと
詰め込んだカプセルのサプリメントなのです。

「サプリメントとはいえ、ニオイがやっぱり気になる…」そんな神経質な人もいると思います。でも、ソフトカプセルという技術を使って
製造されているため、ニオイがまったく気になることはありませんので、大丈夫なんです!

しかも、サプリメント化することで携帯性にすぐれており、
いつでもどこでも手軽にとることができるという利便性の高いサプリメントなんです。毎日摂取する量は2粒たったの1回という。
毎日なら続けられそうな回数と量だと思います。
私もそろそろ健庫を考えてやってみようかな~なんて考えています。

健康家族の伝統にんにく卵黄は老若男女と幅広く使える!

健康家族の伝統にんにく卵黄は、品質もよくサプリメントとしては
とても優秀な健康サプリメントの一つです。

しかし、ただ飲めばいいというわけではありません。
『毎日を健康に効果的に過ごす』正しい使い方もちゃんとあるのです。

にんにくだから口臭が心配…

にんにくの一番の心配は口臭や次の日の体臭ですよね。
あの強烈さは誰でもにんにくを食べたとわかるぐらいのニオイです。
しかし、にんにくのニオイが苦手な人でも大丈夫です。

正しく使えばにおいも感じず飲むことができます。
この健康家族の伝統にんにく卵黄は、ソフトカプセルに閉じ込められているので、ニオイが気になる人用に開発されたものです。
しかし、噛んでしまうとにんにくのにおいが出てしまうので注意です。
たっぷりの水で錠剤と同じようにゴクゴクっと飲んでしまいましょう。

一日の摂取量について

一日のうちに何粒も飲めばもっと健康になれる…そんなことはありません。やはり適量というものがあります。

通常の目安は、3粒までとされているようですが、
人によっては体に合う合わないということもあるそうです。
その場合は、3日間、一日1粒から飲んでみて自分の体に合うかどうかを確かめます。慣れてきたら2粒に増やしてみましょう。

いつ飲むんだろう?

たしかにサプリメントはいつ飲めばいいのか分かりませんよね。
だいたいのサプリメントは摂りたい時に摂ればいいと書いてあるところが多いようですが、健康家族の伝統にんにく卵黄は食事の途中や食後に
摂取することが望ましいとされているそうです。
「一日をすっきり元気に過ごしたい!」という人は朝食後に。
「朝、なかなか体調がすぐれないわ」という人は夕食後に摂取することが良いようです。

おこさまや妊娠中の人にもあんしん

この健康家族の伝統にんにく卵黄はサプリメントとはいえ、名目上は「食品」扱いなんだそうです。
妊娠中や授乳中の女の人でも手軽にとることができるため、忙しいお母さんに大人気なんです。
しかも、おこさまにも安心して飲ませることができるので、こどもの成長にと使われる人が多いみたいですね。

健康家族の伝統にんにく卵黄はたくさん買うととってもお得!

サプリメントは、「健康管理に役立てたい」「美容の保持をしたい」
そんなことを思って始める人が多いですよね。しかし、サプリメントは毎日続けることが重要とされています。どんなことも毎日続けるから効果が出てきますよね。
それと同じで、サプリメントはただ少し飲んだだけ…では効き目がないのはあたりまえなんです。

毎日続けるとなるとやはり気になるのが値段ですよね。
毎月発生する価格…きっとバカにならないと思います。
『健康家族の伝統にんにく卵黄』は定期購入や袋数をたくさん買えば
買うほどお得になるというのをご存知でしょうか?

たくさん買ってお得に毎日を過ごそう

「たくさん買ったら高くなるのでは?」それは当たり前かもしれませんが、買えば買うほど割引をしてくれるのがこの 健康家族の伝統にんにく卵黄の良いところなんです。
ふつうに買うと一袋1,344円とまあまあ安めなのですが、
たとえば、4袋以上をまとめて買うと10%割引の1,280円。
5~9袋だと15%割引の1,134円。
10~29袋以上になると20%割引の1,071円の価格で買うことができるのです!1袋1か月で使う計算なら、最大30ヵ月もお得ですよね!

守り続けてきた安さと品質の高さ

ちなみにもう一つ耳ヨリな情報が。
この 健康家族の伝統にんにく卵黄の価格は、実は他の会社よりも安いということをご存知でしたでしょうか?
通常サプリメントはさほど安いところはあまりありません。
もちろんそれは、品質が良ければいいほど高い。安ければ安いほど品質は落ちる・・・。そんな考えが浮かぶかもしれません。
しかし、 健康家族の伝統にんにく卵黄は、他の会社だと1500~という値段がとても多いのですが、発売開始から19年間ずーっと一袋1,344円の安さを守り続けているのです。

CMにも放送されてとても有名な 健康家族の伝統にんにく卵黄は
『価格が安いのに品質がとても良い』にこだわっているので、たくさんの人が長く続けられるというヒミツがここにあるのですね。

健康家族の伝統にんにく卵黄は毎日飲んで元気にいっぱいに!

元気栄養素を詰めた無農薬の新鮮なにんにく

健康家族の伝統にんにく卵黄は、有機栽培を実現させた
宮城県の農家でとれた安心の国産「にんにく王」が使用されています。

この「にんにく王」はふっくらとした乳白色が特徴的で
通常のにんにくよりも5~8倍ものGSACをたくさん含んでいるのです。

GSACってなに?

GSACとは『γ-グルタミル-S-アリルシステイン』という成分の
略称でにんにくパワーの元となる「アリシン」や「ゲルマニウム」などの基となる重要な役割を持つ成分です。

つまり、これが多いとにんにく特有の嫌な臭いが強いということになるのですが、これがたくさん含まれていることによってにんにくの営養価の高さを示しているのです。

もう一つのメインである卵黄。卵黄は、大自然の中で上記のにんにく王を食べて育った元気の良い鶏たちの卵が使用されています。
同じ素材を食べて大自然を歩き回った元気な鶏たちの卵は、栄養の宝庫ともいえるでしょう。

各素材へのこだわりと製造

健康へのこだわりを強く持つ健康家族のにんにく卵黄は
宮城県産の厳選された無農薬にんにくが使用されているのはもちろん、
日本初の「植物性ソフトカプセル」という新しいカプセル技術が使用されているのです。
この植物性カプセルは、トウモロコシと海藻を原料としているので、
カプセルに不安のある人の悩みを解消してくれるのです。

そして、一切妥協をしない徹底した衛生管理システムで
ユーザーへの安心と安全を常に考慮した工場でつくられているのも
ここのこだわりっぷりですね。